『天の岩戸開き神事』

0

     

    22日冬至の日に河内国一之宮 枚岡神社に入り、「天の岩戸開き神事」の前日のリハーサルがありました。
    良いお天気と、清められた場のエネルギーに、この日にこの場に入れることに感謝の気持ちが湧き上がりました。

     

    そして23日、早朝、御神水が湧き出ている神社の境内にある禊(みそぎ)場で清めて、山頂の神津嶽本宮に向かいました。

     

     

    昼間に注連縄掛神事(お笑い神事)が行われました。
    新しく掛け替えられた注連縄を通して笑うことによって福を招き、新年の開運を願う神話になぞらえられた市の無形文化財のお祭り!
    私も初体験でしたが、大勢の人達が「ワッハッハ!!」と20分間も笑い続けるその凄いパワー!

     

    赤ちゃんが笑う「神笑い」の様に、面白いものを見て笑うのではなく、何もないのに笑う!
    感謝が湧き上がる。

     

    夕刻にはかがり火を焚いて、『天の岩戸開き神事』がはじまります。

     

    神代の昔、天照大御神が岩戸にお隠れになった際、枚岡神社の神様の天児屋根命の祈りと、天宇受売命(アメノウズメノミコト)の踊りによって岩戸が開かれました。

     


    この神話を再現するのが『天の岩戸開き神事』

     

    中東弘宮司の天児屋根命の天に響き渡る祝詞からはじまり、

     


    次にキリロラ☆のアメノウズメノミコト登場、私は飛び出る様に走って出て行きました。
    そう決めていたわけではなかったんですが、飛び出して走り回っていました。

     

    ステージ黒幕の後ろで、中学生・高校生中心の「鼓宮舞」の皆さんと和太鼓、鼓宮舞代表の外山智亮さんの魅惑溢れる笛の演奏。
    本番前にお部屋で、机を叩いて打ち合わせをしただけとは思えない、
    舞と太鼓の素晴らしい相性の計らい!
    そして、かがり火の炎も私をどんどん高ぶらせてくれました。

     

    そして中東宮司が登場して10分間のお笑い神事。

     

    岩戸が開き、階段に50名近くの巫女さんとアイカさん扮する天照大御神の登場!
    美しい歌声が響き渡りました。

     

    最後に「鼓宮舞」の皆さんの息のあった若さ溢れるエネルギーの演奏で『天の岩戸開き神事』終了いたしました。

     

    今年、平成29年は、カンヤマトイワレビコノミコト(後の神武天皇)が建国を願って、天の岩戸を開いた枚岡神社の大神様、
    天児屋根命を、生駒山の聖地、神津嶽(標高320M)に日本の平國を祈願するためお祀りされてから2680年という記念すべき佳き年を迎えています。
    この時に、ご奉納させていただけたこと、心より感謝いたします。

     

     

    酉年の明けの鳥に、たくさんの皆さんが協力しあって作り上げましたこのお祭りの響きがまだ鳴り止みません。

     

     

    それにしても、東京から東大阪にINして始めの宿泊先がなんと!「石切温泉ホテルセイリュウ」。
    予約するときは「セイリュウ」に気がつかなく、
    到着して名前を知って、先日のライブ「青の龍精」からの流れが続いている、青の龍と共に居ると感じました。
    そして東京から帰る予定の日に最終の新幹線に間に合わなく、スタジオうずめさんに宿泊させていただき、「青龍」から「うずめ」とこれまた、先月に「青の龍精」になり、今回は「アメノウズメ」になりました流れと同じという計らいにも、あなおもしろ〜〜!!

     

    今年もキリロラ☆Blogにお付き合いくださり、ありがとうございました。

    どうぞ良いお年をお迎えください。


    「天の岩戸開き神事」

    0

      青の龍精の舞台が終わって、いまだ半龍🐲😯状態のキリロラ☆ですが、

      今年最後の締めくくりとなりますのが、

      12月23日(土) 17時から、東大阪の河内國一之宮 枚岡神社 で開催されます、

      「天の岩戸開き神事」。

       

       

      私は、天宇受売命(アメノズメノミコト)という大事なお役目を頂きましたので、その調整に入っています。

       

      天の岩戸開き神事では、

       

      和太鼓の皆さんの迫力ある演奏、

       

      神職の方による天児屋根命(アメノコヤネのミコト)祝詞

       

      キリロラ☆の天宇受売命(アメノズメノミコト)の舞

       

      お笑い神事

       

      クライマックスは、80余名の巫女さん達が石段に並び、
      アマテラスになりますAikaさんが美しい歌声で皆様を魅了することでしょう。

       

      枚岡神社の中東宮司に「私はまだ半龍状態なので、龍も飛び出てきてしまうかもしれません。」とお話をしましたら、「枚岡神社には、龍神様もおるので、待ってますよ。アッハッハハッハッ😃✨」
      と高らかにそして祓いの笑い声を聞かせてくださり、さらに調整されました。

       

      神話の中に入り込んだかのような幻想的なこの空間での天の岩戸開き神事、

       

      皆さまのお越しを心よりお待ちしています。

       

      *********
      *12月23日(土) 河内國一之宮 枚岡神社 「天岩戸開神事」奉納舞
      *キリロラ☆著「声を整えると人生が輝く」好評発売中!
      *キリロラ☆オフィシャルHP :www.kirilola.jp
      *クリアボイスセミナーのHP : http://clearvoiceseminar.com/


      『高千穂 天安河原』(2017年5月)

      0

        宮古島を後にして熊本に入りました。

         

        高千穂にある、天岩戸伝説の舞台となりました天岩戸神社にあります「天安河原」。

         

        人々の中に眠る「アメノウズメの力」が目を覚まし、
        愛の渦が巻き起こる。

         

        ウズ ウズ ウズ

        アメノ=真空透明な空(クウ)の働きの世界

         

        ウズ ウズ ウズ

        その力は螺旋上昇!

         

        ワハハ!ワハハ!と皆で笑い

        「あはれ、あなおもしろ、あなたのし、あなさやけ、おけ」

         

          「心豊かな世界」既にイマココにあり。

         

        〜〜高千穂 天安河原〜〜

        御祭神
        思兼神(おもいかねのかみ) 
        八百萬神(やおよろずのかみ)

        天岩戸神社西本宮から岩戸川に沿って徒歩で約10分、天照大神(アマテラスオオミカミ)が岩戸にお隠れになったさい、天地暗黒となり八百万(やおよろず)の神がこの河原に集まり神議されたと伝えられる大洞窟。別名「仰慕ヶ窟(ぎょうぼがいわや)」とも呼ばれています。以前は社のみがあり信仰の対象となっていたが、いつのまにか祈願を行う人たちの手によって石が積まれていくようになりました。現在では無数にある積まれた石が天安河原の神秘的かつ幻想的な雰囲気を一層引き立てています。
        「高千穂町観光協会ウェブより」

         


        1

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>

        profile

        profilephoto
        岩系アーティスト
        クリアボイスセミナー主宰

        links

        selected entries

        categories

        archives

        recommend

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM